どのような状況でファクタリングが活用されるか

TOP > ファクタリングについて > どのような状況でファクタリングが活用されるか

どのような状況でファクタリングが活用されるか

ファクタリングには、色々なメリットがあります。
その1つは、資金をスピーディーに確保できる点です。
そもそも資金を確保したいなら、待ってみる方法もあります。
例えば半年後に支払われる売掛金を抱えているなら、特にアクションを起こさず待機してみる選択肢もあります。
ですが状況によっては、半年先になってしまうのは困る訳です。
その点ファクタリングという商品は、とても便利です。
売掛金を売却する事になる都合上、比較的速やかにお金を確保できるからです。
売却する際には、金融会社から手数料は徴収される事になります。
20%前後の手数料が徴収される事も多いですが、それ以上にスピードの方が大切なこともあります。
ファクタリングの業者によっては、即日で買い取ってくれる事もあります。
半年先になる訳ではありませんから、とても便利です。


では具体的にどのような状況でファクタリングが活用されるかというと、例えば急ぎのプロジェクトです。
企業によっては、やや大規模なプロジェクトを手がけている事もあります。
ただプロジェクトの規模が大きいと、設備投資も必要です。
様々なツールや機械などを買わなければならず、お金を確保しなければなりません。
しかもプロジェクトによっては、厳しい締め切りがあります。
早めにプロジェクトを完了しない事には、トラブルが生じてしまう可能性もあるので、注意が必要です。
急ぎでプロジェクトを完了する必要があるのに、売掛金が支払われるのは半年先になってしまうのは困ります。
その点ファクタリングであれば、速やかにお金を確保する事ができます。
手数料は差し引かれるものの、早めに資金を確保できるので、プロジェクトに間に合わせる事も可能です。


また重要な支払いがある時も、ファクタリングは便利です。
例えば従業員に対する支払いです。
自社の従業員に対しては、人件費も支払わなければなりません。
ですが資金不足ですと、その人件費の支払いが困難な事もあります。
そうかと思えば、自社の取引先に対する支払いです。
自社が普段からお世話になっている取引先にお金を支払いたくても、自社予算が不足しているケースもあります。
上述のような支払いは、スピードが求められる事も多いので、売掛金が支払われるのが半年先になるのは困ります。
ところがファクタリングであれば、スピーディーに支払ってもらう事ができます。
現にノンバンクによるファクタリングなどは、即日で支払ってくれる事もあります。
ですから人件費などを支払う時は、よくファクタリングが活用されています。

次の記事へ