ファクタリングの審査基準と売掛金の状況

TOP > ファクタリングについて > ファクタリングの審査基準と売掛金の状況

ファクタリングの審査基準と売掛金の状況

設備投資が必要な時は、ローン申し込みが検討される事もあります。
ビジネスローンに申込みをして、銀行からお金を借りる事を検討している法人も多いです。
ですが銀行から借りる場合、審査も受ける必要があります。
審査で問題なければお金を借りる事はできますが、必ずしも審査に通るとは限りません。
現に、経営状況があまり良くない法人の場合は、審査落ちになってしまうケースもあります。
審査落ちを懸念している法人も多いですが、そもそも資金を確保する方法はローンだけではありません。
最近では、ファクタリングという金融商品を活用している法人も増えてきています。
ファクタリングは、売掛金を買い取ってもらう金融商品です。
あくまでも売掛金を売却することになるので、銀行から融資を受ける訳ではありません。


ただしファクタリングという金融商品にも、審査はあります。
誰でも利用できる訳ではありませんから、注意が必要です。
もちろん審査に落とされてしまった時は、売却する事はできません。
ですが信頼できる売掛先であれば、ファクタリングの審査に通る確率は比較的高いです。
例えば上場企業や老舗企業です。
上場企業の場合は、金融会社からの評価も高いです。
上場しているだけに、経営状態も問題ないと判断される事が多く、売掛金が支払われる確率も高いと見なされるからです。
また老舗企業も、金融会社からの評価は高いので、審査に通りやすい傾向があります。
そもそも金融会社からすると、優良な売掛金であれば、問題なく利益を得る事ができます。
その売掛金の状況は、他の審査基準よりも重視される傾向があります。


実はファクタリングの審査基準は、売掛金の他にも複数あります。
例えば対面での印象です。
そもそも売掛金を買い取ってくれる金融会社は、たいてい面談を行っています。
商品の特性を説明する為に面談が行われる事も多いですが、面談時の対応も審査されます。
面談での印象があまり良くないと、審査落ちになる可能性はあります。
また事業計画はしっかりしているかどうかも、審査基準の1つにはなります。
ですが、それよりも売掛金が優良であるかどうかの方が大切です。
金融会社からすると、きちんと回収できるかどうかを気にしている訳ですから、かなり慎重に売掛金を審査している傾向があります。
つまり売掛金が優良であれば、審査に通る確率も高い訳です。
ローンよりも資金を確保しやすい一面もありますし、ファクタリングの申し込みを前向きに検討している法人も多いです。

次の記事へ