ファクタリングの買取額を左右する要素

TOP > ファクタリングについて > ファクタリングの買取額を左右する要素

ファクタリングの買取額を左右する要素

ファクタリングは、金融会社に売掛金を買い取ってもらう事になります。
ただし売掛金が全額支払われる訳ではなく、基本的には手数料が差し引かれます。
10%や20%ぐらいの手数料が引かれる事も多いですが、状況によって買取額が変わる事もあります。
優良な売掛金であれば、買取額は高くなる事が多いです。
そもそも企業が抱えている売掛金は、必ずしも安全であるとは限りません。
売掛先が多くの負債を抱えている時などは、支払われない可能性もあります。
売掛金を買い取る金融会社としては、支払われないのは困ります。
逆に、支払われる確率が高い売掛金は、買取額も高めになる傾向があります。
金融会社としては確実性を重視しますから、支払われるかどうか微妙な売掛金よりは、買取額も高めになる訳です。
ですから上場企業から支払われる売掛金などは、買取額は高めです。


ところで企業が抱えている売掛金は、1社だけでない事もあります。
人によっては、複数社と契約している事もあります。
Aという1つの会社とだけ契約しているのではなく、B社やC社など複数の会社と契約していて、各社の売掛金を抱えている方も少なくありません。
それでファクタリングの会社としては、複数の売掛金を抱えている方が、高く評価してくれる傾向があります。
上記の例の場合、B社やC社など複数社の売掛金がある方が優遇される訳です。
それだけに、買取額も高めになる傾向があります。
なぜ複数あると優遇されるかと言うと、売掛金が支払われる確率が高いからです。
1社だけですと全損になってしまう可能性がありますが、複数の売掛金があればリスクを抑える事もできます。
金融会社にとってのリスクが低い以上、買取額も高めになる訳です。


ところで金融会社は、過去実績を重視しているケースも多いです。
現に銀行ですと、過去にお付き合いがあると優遇される傾向があります。
例えばAさんという人物の場合、過去に全くお付き合いがありません。
それに対してBさんの場合は、過去に何度か商品を利用した実績があり、特に問題なくお付き合いが続いている状態です。
金融会社からすると、Bさんのような人物を優遇する傾向があります。
過去に何も問題がなければ、今後も問題なくお付き合いできると見込めるので、たまにサービスしてくれる事があります。
ファクタリングもその1つです。
過去に取引実績がある顧客の場合は信頼感があるので、売掛金を高く買い取ってくれる可能性があります。
ですから売掛金を高く買い取って欲しい時は、過去に利用したファクタリングの専門業者も検討してみると良いでしょう。

次の記事へ