取引先に万が一の事があっても安心な保証タイプのファクタリング

TOP > ファクタリングについて > 取引先に万が一の事があっても安心な保証タイプのファクタリング

取引先に万が一の事があっても安心な保証タイプのファクタリング

多くの企業は、売掛先に関する不安感を抱えています。
支払われない可能性もあるからです。
例えばある取引先から800万円を支払ってもらう契約を結び、依頼された作業を行いました。
その取引先からは、半年後に800万円が支払われる予定です。
ところが、その取引先の経営状況は少々微妙です。
負債も抱えている企業なので、本当に800万円支払われるかどうかも不明です。
この場合800万円を受け取る側としては、少々不安になってしまう事があります。
取引先に万が一の事があると、肝心の800万円が支払われない可能性もあるからです。
売掛金自体はあるものの、もしも支払われなければ赤字になってしまいます。
その場合、ファクタリングという選択肢があります。
ファクタリングは売掛金を売却する金融商品で、お金を着実に確保できるメリットがあるからです。


ファクタリングを利用する流れですが、まずは売掛金を買い取ってくれる金融会社に連絡します。
WEBや電話などで連絡して、金融会社の担当者とコンタクトを取る訳です。
その際に、担当者から売掛金に関する状況もヒアリングされます。
そして所定の審査が行われた上で、問題なければ売掛金を買い取ってくれる訳です。
その際、手数料も徴収されます。
例えば手数料が20%のファクタリングであれば、上記のように800万円支払われる場合、640万円で買い取ってくれる訳です。
そしてファクタリングの業者によっては、「保証」があります。
売掛先に万が一の事態があっても、金融会社は買取を保証してくれる訳です。
ですから売掛先の経営状況が不安な方々は、ファクタリングの申し込みをしている事も多いです。


ところで保証タイプのファクタリングには、手数料に関するメリットもあります。
そもそもファクタリングと言っても色々な種類があり、それぞれ手数料は異なります。
上述のように20%ぐらいの商品もあれば、もっと高めな商品もあります。
売掛金を売却する側からすれば、手数料は低いに越した事はありません。
保証タイプのファクタリングは、その手数料は比較的低めに設定されています。
他のタイプのファクタリングよりもコストを抑えられるメリットがあるので、主に建設業界の業者が活用している傾向があります。
しかもファクタリングであれば、速やかに資金を確保することができます。
上述のように、800万円支払われるのに半年かかってしまうのは、少々困ってしまう事も多いです。
その点ファクタリングであれば、スピーディーに買取額が支払われますから、とても便利です。

次の記事へ