銀行のグループ会社によるファクタリングのメリットとは

TOP > ファクタリングについて > 銀行のグループ会社によるファクタリングのメリットとは

銀行のグループ会社によるファクタリングのメリットとは

ファクタリングの専門業者は多彩で、中には銀行関連の会社もあります。
いわゆる大手銀行のグループ会社で、信頼性を理由に申し込みしている方も少なくありません。
そもそもファクタリングの専門業者は、ある程度は慎重に選ぶ必要があります。
万が一のトラブルが発生する可能性もあるので、信頼できる業者で申し込みするのが一番です。
その点、銀行関連のグループ会社であれば、安心感があります。
大手の銀行が支えている訳ですから、経営状況は特に問題ないと見込めるからです。
二者間のファクタリングは提供していないデメリットはありますが、それ以上にメリットの方が大きいので、グループ会社に申し込みしている方も多いです。
というのもグループ会社の場合は、売掛金を確実に確保できるメリットがあります。


そもそも売掛先は、確実にお金を支払ってくれるとは断言できません。
売掛先の経営状況が微妙な時などは、支払われない可能性もあります。
お金を受け取る側としては、万が一の事態を心配している事も少なくありません。
万が一売掛金が支払われないと、大変困ります。
ところが銀行のグループ会社が提供しているファクタリングには、保証があります。
売掛先に万が一の事があっても、確実に売掛金を売却できるシステムになっています。
ノンバンクのファクタリングよりも手数料は低めですし、前向きに検討している方々も少なくありません。
また銀行のグループ会社によるファクタリングの場合は、手数料に関するメリットがあります。
いわゆるノンバンクによるファクタリングと比べると、手数料が比較的低めになっています。


ただし銀行のグループ会社によるファクタリングにもデメリットはあって、その1つはスピードです。
ノンバンクによるファクタリングと比べると、買取額が支払われるのは少々時間を要する傾向があります。
即日で支払われるとは限りませんから、注意が必要です。
ですが上述の保証タイプのファクタリングの場合は、売掛先に対する情報伝達のメリットもあります。
そもそも売掛金を売却したくても、売掛先に情報が伝わってしまうのは困るケースも多いです。
信用の問題があるからです。
しかし保証タイプのファクタリングの場合は、売掛先には情報が伝わらないメリットがあります。
元請に対して情報を伝えたくない時も、グループ会社のファクタリングはおすすめです。
このグループ会社のファクタリングは、主に建設関連の企業や、大手企業が活用している傾向があります。

次の記事へ